【2020年最新版】Amazonプライムビデオで見れる子供向けのおすすめ映画10選!親子で楽しめるキッズ作品を紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
PEPO
どうも、PEPO(ぺポ)です。26歳男性。元公務員で現在、在宅ワーカーとして活動中。既婚。ゆるくマイペースな性格。くちびるにたらこを携えております。好きなものはスマブラ、マリカー、どうぶつの森、YouTube。あなたの生活を快適でお得にする情報をお届けします!

家を映画館にできる贅沢な動画配信サービス、Amazonプライムビデオ。キッズから大人まで楽しめる作品がたくさん配信されています。

「子供と一緒に楽しめる映画が知りたい!」

そんな方向けに、Amazonプライムビデオで見れる子供向けのおすすめ映画を10コ紹介していきます。親子で過ごす家での時間を、より充実させましょう♪

こんな作品を紹介します

✅最後まで飽きずに見れる
✅ストーリーがわからなくても視覚的に楽しめる
✅トラウマになるような怖いシーンがない
✅教育に悪いシーンがない
✅大事なことを教えてくれる
✅親御さんも一緒に楽しめる

関連記事

Amazonプライムビデオで見れる子供向けのおすすめ映画10選

親子で一緒に楽しめるアマプラの映画作品を早速紹介していきます。

まだAmazonプライム会員じゃない方は、まずは30日間無料体験(学生の方は6か月間)してみましょう♪

ミニオンズ(2015)

イルミネーションが手掛けた大ヒット作。日本国内の興行収入はなんと52億円!ディズニー・ピクサー作品を除けばトップクラスの作品です。

黄色い単細胞生物、ミニオンたちが自分たちが仕えるボスを探す冒険物語。こんなにかわいらしい見た目なのに悪役という設定も面白いですよね。

難しい内容も特にないので、気楽に見ることができます。

ミニオンたちは意味不明な言葉を話すので、何を言っているかわかりません。でも仲間同士でコミュニケーションをとり、ちゃんと意思疎通できているんです。そういった設定だからこそ、言葉がわからないお子さんも夢中で楽しめます。

難しい設定の映画ではなく、頭を空っぽにして見れる、面白い映画を探している方におすすめです。

ちなみに今作はシリーズの3作目となりますので、最初から見たい方は「怪盗グルーの月泥棒」からご視聴ください。あ、今作から見ても問題なく楽しめますよ♪

♦映画を見た人の感想

USJなんかで人気のキャラですが、作品を知らなかったので可愛いとは思えず、どこが人気なんだろう?と不思議な気持ちで眺めてました。

とりあえずミニオンズというキャラ名は知っていたので、これ見ればいいのかな?と見始めてみましたが、子供向けの明るい内容で楽しんで見れました。

ミニオンたちは独自の言葉をしゃべり言葉にあまり頼らない表現をしていきますが、これが意外と感情移入がしやすく見終わる頃にはミニオンかわいい!となってしまいました。人気がでるのも納得。見終わってすぐに怪盗グルーの月泥棒の方もすぐに見てしまいました。

監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ

主演:サンドラ・ブロック, ジョン・ハム, マイケル・キートン

時間:1時間30分

トイ・ストーリー(1996)

しゃべるおもちゃ達のお話。人気作で4作目まで出ています。

カウボーイ人形のウッディはおもちゃみんなの人気者で、持ち主のアンディの一番のお気に入り。

ところが最新のおもちゃ、バズ・ライトイヤーが家に来たことによりアンディやみんなの視線はバズへ。ウッディは当然嫉妬します。

ある日、おもちゃをいじめる悪ガキ、シドに捕まり大変なことに。ライバル視していたバズと冒険を通じて友情を育くんでいくエンターテイメント作品。

ところどころ挟んでくるギャグ要素が面白く、世界観も魅力的なのでどんどん物語に引き込まれていきます。

「おもちゃを大切にしよう」という気持ちが強まるので、小さいお子さんと一緒に見るのが特におすすめです。

♦映画を見た人の感想

トイストーリーのおもちゃ欲しくなりますね^ ^

「おもちゃにも心がある。」を子供3歳に教えたくて選びました。全部は理解出来なくても、ディズニーの世界観でしっかり子供の心を掴んでくれました。

続けて2回も見ちゃった

監督:ジョン・ラセター

主演:所ジョージ, 唐沢寿明, 名古屋章

時間:1時間21分

シュガー・ラッシュ(2013)

ゲームキャラクター達が大活躍する物語。

飲みに行ったり、自分のゲームへの不満をぶつけたり、ゲームキャラがまるで人間のような生活を送っています。この設定がまず面白いですよね。

主人公はアーケードゲームに登場する悪役のラルフ。「悪役は嫌だ!オレはヒーローになりたい!」という願いをかなえるため、冒険に旅立ちます。

ゲーム!お菓子!アクション!子どもの好きなものがてんこ盛りです!ビジュアルだけでも退屈せずに最後まで楽しめます。

また、ストーリーも考えさせられる内容なので、大人も楽しむことができます。続編の「シュガー・ラッシュ・オンライン」もおすすめ。

♦映画を見た人の感想

実際の世の中にも、頑張っているのになかなか認められない、誰もが嫌がる役目や役職を歯を食いしばって遂行しているにもかかわらず、見向きもされない・・・といったことがありますよね。そんな思いをこの作品の主人公を観てると感じさせられます。つい、「分かる、分かる」と頷いてしまいます。それだけに最後まで見届けたくなり、またそのラストは清々しい気持ちにさせてくれます。子供向けに思われがちですが、機会があったら是非ご覧いただきたい作品です。

監督:リッチ ムーア

主演:山寺 宏一, 花輪 英司, 諸星 すみれ

時間:1時間42分

モンスターズ・インク(2002)

人間の小さい子供の悲鳴をエネルギーに変換して生活を送るモンスターたちの物語。まずこの時点で興味をそそられますよね(笑)

子供たちを驚かして悲鳴をあげさせるのがモンスターたちの日課です。人間からしたらモンスターが怖いのは当たり前です。しかし面白いことに、モンスターにとっても子供は危険な存在とされているんですよね。

ある日、モンスターの世界に一人の女の子が迷い込み大パニックに。

少女を人間の世界へ帰すまでのハラハラドキドキな展開から目が離せません!いっぱい笑っていっぱい泣けるハートフルな作品です。

♦映画を見た人の感想

単なる子供向け映画と、片付けられない。大人が見ても、十分楽しめます。モンスターたちが、非常に表情豊かで良く、話の展開もすばらしい。見終わった後に、元気がでてくるような作品です。何度も、見たいと思いました。DVDを買う価値は、十分あります。

監督:ピート・ドクター

主演:石塚英彦, 田中裕二, 井上愛理

時間:1時間32分

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004)

ドラえもんの旧声優、大山のぶ代さんが出演した最後の作品。メインキャラ達の声優さんが今と違うので、お子さんは最初違和感を感じることでしょう。

ただ、そんなことが気にならないくらい最高の内容です。

最初に見たのが公開した年なので、もう16年も前。それなのに、いまだに感動したことをずっと覚えていますからね。何でもかんでもすぐ忘れてしまう私がこんなに長い間覚えているのは、この作品くらいかなと思います。

舞台は犬や猫が人間のように暮らしている、3億年前の世界。地球には超巨大隕石が接近。時空を超えた、のび太たちの大冒険が始まります。

最近ストレスが溜まっていたり、目が乾燥している方に特におすすめです。めちゃくちゃ泣けます。間違いなく映画ドラえもんシリーズの最高傑作です。主題歌の歌詞「明日また幸せであるように」の意味が解ると更に感動しますよ。

♦映画を見た人の感想

数多くのドラえもん映画を何本も観てきましたが、私はこの作品が一番大好きです。従来のドラえもん映画の魅力的なキャラにワクワクできる異世界、そしてそこで生まれる友情の物語。

大山のぶ代ドラえもんとして最終作である今作、昔懐かしい声優さんのドラえもんが楽しめます。水田わさびドラえもんには無い、大山のぶ代ドラえもん時代の社会的で現実的な問題も絡めてあります。

音楽もとても良く、1時間半とは思えないくらい観やすくて見応えのある作品です。子どもに観せるのは勿論なのですが、大人でも何度観ても楽しむことができます。

この作品は何年経っても色あせることなく楽しめる最高の作品です。

時間:1時間24分

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002)

キッズに大人気のクレヨンしんちゃんの映画。

ひょんなことからタイムスリップした先は戦国時代。政略結婚や戦に巻き込まれていきます。めちゃくちゃ感動します。

アニメシリーズは個人的には、おすすめできません。大人の目から見ても「ちょっと下品だなあ。子どもに見せたら教育によくないんじゃないかな」と思うシーンが多いためです。

ですがこの映画は違います。下品なシーンがほぼなく、安心して見れます。おふざけな要素は少なく、全体的にシリアスな雰囲気で物語は進んでいきます。

戦国時代という設定や登場人物たちの戦への思いや恋愛の心理描写が複雑なので、子どもには難しい内容かもしれません。お子さんが「?」という表情をしていたら解説してあげるのがいいでしょう。

大人になってもう一度見返したときに「あの時はわからなかったけど、そういうことだったんだ!」と一層楽しめます。作りこまれたストーリーが好きな方、感動したい方におすすめの作品です。

ほんと、何度見ても傑作です。

♦映画を見た人の感想

アッパレが名作である理由は泣ける、感動できるという安いものではない。

まずは時代背景、設定をしっかり掘り下げていてその時代を堪能できる。制作側はしっかり学んで映画を作っているんだろうなと思える。

映画オリジナルキャラクターも時代背景をしっかり活かし作られているので、又兵衛、殿様、家臣たちの性格などがまた引き込まれる要素になっている。敵は敵で魅力的!ここもしっかり戦国っぽさが出ている。

また、未来から来た野原一家と未来のことが信じられない戦国の人々の会話や反応も見ていて面白い!この映画は細かい演出でしっかり映画に入り込めるから名作なのだと思う。音楽も場面場面でいい音楽が流れるので心地よい。

また、近年の映画は基本野原一家、防衛隊、3ヒーローが活躍することが多いが、オリキャラがしっかり最後まで活躍するのも魅力的だなと思う。

時間:1時間35分

SING/シング(2017)

歌を愛する動物たちのお話。

倒産寸前のムーン劇場を立て直すため、コアラのバスター・ムーンは一世一代の歌のオーディションを開催します!

勝ち上がった6名の候補者の歌への情熱や思いが感動を呼びます。それぞれ歩んでいる人生は違えど、歌を愛する気持ちは同じ。

候補者同士だけでなく、最初は冷ややかな目でいた観客が歌で一体となってだんだん会場が熱気に包まれていく展開は激熱。

美しい歌声にも魅了され、元気があふれてきます。ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」等、有名な曲が多数登場するので、お父さんお母さん世代もテンションが上がるはず!

何も考えずに映画を見たい方、元気になりたい方におすすめの作品です。

♦映画を見た人の感想

ストーリー展開自体は,起承転結がうまいことなされていてテンプレ通り.

しかし一人一人のキャラが強烈で,それぞれ全く異なった背景を持ちつつも歌でつながっていく感じがとてもよかった.

洋画,かつこういったアニメ物はあまり見ないのだが普通に感動してしまった.日本では文化的に,こういう発想は出ないんではないかな?

今回PrimeVideoの日本語字幕版で観賞したのだが,吹き替えもハマっていてよかったと思う.ぜひ英語バージョンで歌を聞いてみたいなあ.

監督:ガース・ジェニングス

主演:マシュー・マコノヒ, リース・ウィザースプ, セス・マクファ

時間:1時間47分

ペット(2016)

ペットの動物たちから見た、人間の世界のお話。吹き替え版はバナナマンの二人が主人公とその親友の声を担当している作品。

主人公マックスは飼い主ケイティと毎日不自由のない暮らしをしていました。ところが、大型犬のデュークが来たことで、マックスの生活は激変します。

動物たちの冒険に「次はどんな展開になるんだろう」とワクワクします。

動物たちが個性的で面白いキャラクターばかりなうえ、動物の仕草がリアルでペットを飼っている人は「その仕草やるやる」と共感でき、さらに楽しめます。本当に動物を好きな人たちが作った映画なんだなと思いました。

動物たちの可愛さに癒されたい方、ペットを飼っている方に見てほしい映画ですね。

♦映画を見た人の感想

私も職業柄アニメーションを作ってますがここまでリアルに動物の動きや毛の質感を作れるのが本当にすごいと思いましたけど

ストーリの展開などはさすがといったところでしょうか。引き込み方がうまいですよね。海外アニメーション色々見ますけどとても参考になります。楽しかったです。

監督:クリス・ルノー

主演:ルイス・C・K, エリック・ストーンストリート, ケヴィン・ハート

時間:1時間26分

ファインディング・ニモ(2012)

しゃべる魚たちのお話。室井滋さんがドリーの声を担当されています。ハマりすぎです(笑)

父親が離れ離れになった息子を探す旅に出るというシンプルなストーリーです。親子の絆に心温まる作品ですね。

「親の心配をよそに子供は成長していく」という描写等、子育てされている方なら共感できる内容が多い映画です。

映像も本当に綺麗で、それだけでテンションが上がってしまいます。最大限楽しむならBlue-Rayを買うことをおすすめします。

これを見た後のディズニーシーの「タートルトーク」は何倍も楽しめます。タートルトークは、登場キャラのクラッシュ(亀)が面白おかしく話しをしてくれるアトラクションです。

「親はこんな風に子供のことを思っているんだよ」ということを、映画を通じて子供に伝えられます。親子ケンカした時や愛情を深めたいときに見るのが最高のタイミングではないかと思います♪

♦映画を見た人の感想

自分で行動し学び続ける大切さ

大事だからこそ信じる大切さ

そんなメッセージを感じました

海の表現、あらゆる種類の魚たちがとても綺麗にコミカルに描かれています

いい作品ですね

監督:アンドリュー・スタントン

主演:木梨憲武、室井滋、宮谷恵多

時間:1時間41分

グリンチ(2018)

主人公のグリンチは友達も家族もいない独りぼっちの少年。ずっと寂しい思いをしていたグリンチは、人の幸せを妬むひねくれものの大人になってしまいました。

そんな彼にとって一番つらいイベントがクリスマス。グリンチはとんでもない作戦を思いつきます。

「盗んじまえばいいんだ、クリスマスを」

クリスマスを楽しみにしている小さな子供たちも登場するので、お子さんも物語に入り込みやすいと思います。

孤独から解放されるハートフルな物語なので、今あなたが孤独感や寂しさを感じているなら感情移入しすぎて泣いてしまうかもしれません。

♦映画を見た人の感想

グリンチと同じように 孤独な時間が多くてクリスマスはなんか嫌だなという人がみると涙出るんじゃないかな。人の優しさが映画から伝わってくるから。ちなみに私は 泣きましたw

監督:ヤーロウ・チェイニー

主演:ベネディクト・カンバーバッ

時間:1時間25分

まとめ

親子で一緒に楽しめる映画を紹介しましたが、気になったのはありましたでしょうか?

安心して見れる作品ばかりを選んでいるので、どれもおすすめですよ♪Amazonプライム会員なら無料で視聴できる作品がほとんどです。

まだ通常会員の方は、これを機にプライム会員に登録してみませんか?

月408円(学生の方なら半額)で動画・音楽・本を楽しみ放題&商品配送料無料等の多くの特典が利用可能になります。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。まずは30日間(学生の方は6か月間)の無料体験からどうぞ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
PEPO
どうも、PEPO(ぺポ)です。26歳男性。元公務員で現在、在宅ワーカーとして活動中。既婚。ゆるくマイペースな性格。くちびるにたらこを携えております。好きなものはスマブラ、マリカー、どうぶつの森、YouTube。あなたの生活を快適でお得にする情報をお届けします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 快得ライフ.com , 2020 All Rights Reserved.